MENU

抜け毛と睡眠不足の関係

睡眠不足も、抜け毛を引き起こす大きな原因の一つです。
規則正しく睡眠をとっていないと、ホルモンバランスが崩れてきます。
それが、ヘアサイクルを乱すことにつながるのです。
成長ホルモンの分泌がピークになる時間帯は、午後22時から午前2時の間といわれています。
この時間帯には、毛髪を形成する毛母細胞も活性化されます。
睡眠をとっていなければ、成長ホルモンの分泌が不足して毛母細胞が十分に活性化されなくなってしまいます。
つまり、健康な毛髪が生成されにくくなってしまうのです。
睡眠はとっているけれど、成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯に眠っていないというのも効果がありません。

 

ただし、成人が毎晩22時から翌2時まで睡眠をとる習慣をつけるのも、困難でしょう。
できるだけ努力はするとして、その代わりに睡眠をとるときには質の高さを目指すようにすることをおすすめします。
質の高い睡眠とは、夢も覚えていないほどぐっすりと寝ることです。
熟睡すると、長時間浅い眠りを続けるよりも睡眠の質が高くなるといわれています。
眠りが浅いと成長ホルモンの分泌も少なくなるのですが、深い眠りからは脳下垂体から成長ホルモンの分泌が促進されます。
ホルモン分泌のコアタイムに睡眠がとれなくても、せめて良質の睡眠をとるように心がけましょう。

抜け毛と睡眠不足の関係関連ページ

毛根のチェックポイント
毛根のチェックポイント
抜け毛の要因
抜け毛の要因
抜け毛とストレス
抜け毛とストレス
抜け毛と食生活の欧米化
抜け毛と食生活の欧米化
抜け毛と運動不足の関係
抜け毛と運動不足の関係
抜け毛と喫煙の関係
抜け毛と喫煙の関係
抜け毛に関係する帽子
抜け毛に関係する帽子
AGA(男性型脱毛症)とは
AGA(男性型脱毛症)とは
女性にもある薄毛
女性にもある薄毛
抜け毛から円形脱毛症へ
抜け毛から円形脱毛症へ
適切なヘアケア方法
適切なヘアケア方法
育毛シャンプーについて
育毛シャンプーについて
抜け毛と頭皮マッサージ
抜け毛と頭皮マッサージ
育毛剤について
育毛剤について
抜け毛とミノキシジル
抜け毛とミノキシジル
抜け毛のための頭髪専門病院
抜け毛のための頭髪専門病院