MENU

妊娠中の育毛剤使用

女性の場合、加齢が原因で薄毛になる他、妊娠中のホルモンの働きによって脱毛してくることがあります。
これは、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンが活性化するためです。
ホルモンの働きが元気になることで、髪の成長が早まるのです。
多くの女性が妊娠中に脱毛を体験するといいますから、自分だけではないとあまり心配しないようにしておきましょう。

 

妊娠中の女性は、お腹の中の赤ちゃんに栄養を与えなければなりません。
自分の栄養吸収よりも先に胎児に栄養がいってしまうので、栄養不足で脱毛してしまうということもあります。
髪の健康は生命に関わる問題ではないため、体も他の臓器などより二の次にしてしまうわけですね。
出産してしばらく落ち着くと、また発毛してくるので大丈夫です。

 

もしも出産後に半年以上の期間が過ぎても発毛してこない場合には、女性用育毛剤の使用を検討してみるといいかもしれません。
ただし、妊娠中や授乳中には、育毛剤の使用はおすすめできません。
商品にもよりますが、ミノキシジルやフィナステリドなどの男性用育毛剤に多い成分が入っている場合、男児の生殖器に問題が発生してしまう可能性があるためです。
また、化学成分は大人の身体には大丈夫でも、赤ちゃんの身体には大きな影響をおよぼすため、要注意です。